管理人マイクおすすめの歴史本②

こんにちは「完結漫画批評」管理人のマイクです。

以前おすすめの歴史本を紹介しましたが、
実はまだまだ紹介したい本があります。

なので今回は漫画の紹介ではなく、
おすすめの歴史本を数冊紹介します。

『応仁の乱』
作者: 呉座 勇一 出版社:中央新書
ouninh1.jpg

内容
室町幕府はなぜ自壊したのかー室町後期、
諸大名が東西両軍に分かれ、
京都市街を主戦場として戦った応仁の乱(一四六七~七七)。

細川勝元、山名宗全という時の実力者の対立に、
将軍後継問題や管領家畠山・斯波両氏の家督争いが絡んで起きたとされる。

戦国乱世の序曲とも評されるが、高い知名度とは対照的に、
実態は十分知られていない。いかなる原因で勃発し、
どう終結に至ったか。なぜあれほど長期化したのかー。

感想
私的には歴史本の中で今年最大のヒット作です。

「応仁の乱」...私も含め、日本史上最大の大事件であるこの大乱に
ついてほとんどの人がその実態を知らないと思います。

教科書では、細川と山名権力争いに
将軍家の後継問題などが、絡まって発生して...

などと書かれていますが...

要するに知っているようで知りません!!

なので、抜群の知名度の割に
ドラマ化されることもほとんどありませんでした。

まー仮にドラマ化しても、
出ては消える数多の登場人物や混沌とした情勢に、
作り手と視聴者がついていけないと思うけど...

本書はそういった数多の登場人物と混沌とした情勢を
どうにかして、我々一般人でもわかるように
書かれています。

だけど、一度読んだけでは、内容を消化できないので、
何回か通し読みをする必要がある。

それは、本書の書き方のせいではなく、

応仁の乱が説明不可能なカオスだからです。

よくあのカオスな大乱の全体像を、
ここまでまとめることができたと思います。

筆者の呉座 勇一氏には万代の拍手を送りたいです。

応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書) [ 呉座勇一 ]

価格:972円
(2017/8/9 22:40時点)
感想(15件)




『ローマ帝国の崩壊:
  文明が終わるということ』
作者:ブライアン ウォード=パーキンズ
翻訳:南雲 泰輔 (翻訳) 出版社:白水社
spqrhoukai.jpg

内容
ローマ帝国末期にゲルマン民族が侵入してきたとき、
ローマ社会や経済に何が起き、人々の暮らしはどう変化したのか。

史学・考古学双方の研究を駆使して描く、激動の時代の実態を描く。

感想
本書は私的2014年度最優秀歴史本です。

ローマ帝国が崩壊した時に、帝国全域で何が起こったのかを
文献史料、陶器・家畜の骨・建築物(の跡)など...
史学・考古学双方の資料を駆使して考察されています。

一言でいうと結構悲惨な状況に陥ったようです。
(主に帝国西部で。東は東ローマ帝国(ビザンティン帝国)として生き残りました)

ローマ帝国というと、
以前紹介した『テルマエロマエ』のように、teruh1.jpg
古代的帝国の頂点で非常に洗練されたシステムを構築し、
下から上まで高水準な生活をしていました。

帝国が誇った洗練されたシステムが崩壊した結果、
ブリタニア(現イギリス)では、
文明が一時的に石器時代まで遡ったそうです。

そして、そのシステムが回復するのに数世紀かかったそうです。

本書に書かれてることは、何もローマ帝国だけに
とどまらず、現代社会にも言えることだと思います。

もし、現代がローマ帝国末期のような状況を迎え、
洗練されたシステムが崩壊したら...

とてもゾッとします!!

本書を読んで、
マジで乱世に生きたくないと思いました。

ローマ帝国の崩壊 文明が終わるということ [ ブライアン・ウォード・パーキンズ ]

価格:3,564円
(2017/8/9 22:45時点)
感想(1件)




『生き残った帝国ビザンティン』
作者: 井上 浩一 出版社:講談社学術文庫
bizamtsuh1.jpg

内容
栄華の都コンスタンティノープル、
イコンに彩られた聖ソフィア教会……。

興亡を繰り返すヨーロッパとアジアの境界、
「文明の十字路」にあって、帝国はなぜ1000年以上も存続しえたのか。

キリスト教と「偉大なローマ」の理念を守る一方、
皇帝・貴族・知識人は変化にどう対応したか。

ローマ皇帝の改宗から帝都陥落まで、「奇跡の1000年」を活写する。

感想
皆さんはビザンティン帝国を知ってますか?

おそらく100人いたら、30人はなんとなく知っている感じの
国だと思います。

上記の『ローマ帝国の崩壊』がリアルタイムで進んでいる、
395年、ローマ帝国は西と東に別れました。

西は現在のイタリア、フランス、イギリス、スペイン、
チュニジアなどを版図にしていましたが、
異民族の侵入などによりわずか100年で崩壊しました。

対する東は、コンスタンティノープル(現イスタンブール)を
中心に、バルカン半島、アナトリア半島、シリア、エジプト
などを版図に、東ローマ帝国(ビザンティン帝国)として、
1000年も続きました。

でも、その中身は...
苦労して異民族の手からローマを奪還したけど、
あっけなく奪われたり(しかもその過程でイタリアが荒廃)、
ササン朝ペルシャからシリアを奪還したけど、漁夫の利的に
新興のイスラム勢力にシリアを含む領土の半分を取られたり、
なぜか同じキリスト教徒の十字軍に攻められ首都陥落したり、
大切な時期に策略や陰謀、内乱で多くの人材を失ったり...

要するにグダグダと1000年続いたのです。

1000年続いたので、
グダグダの中にも、何度か最盛期はありました。

その時期のコンスタンティノープルは
ヨーロッパ最大の大都市で、
西欧から来た人はその街並みに、
度肝を抜かされたそうです。

konnsutann111.jpg(ビザンティン帝国時代のコンスタンティノープル)

本書は、なんども滅びそうになりながらも、
土壇場で息を吹き返すビザンティン帝国特有の
しぶとさをわかりやすく解説してくれています。

また、この帝国が現代に残した
物や価値観などが述べられており、
ビザンティン帝国の入門書に最適な一冊だと思います。

私は本書から、しぶとく生きていれば、
最終的になんとかなることを学びました。


生き残った帝国ビザンティン (講談社学術文庫) [ 井上浩一 ]

価格:1,080円
(2017/8/9 23:29時点)
感想(2件)




ビザンティン帝国の最後を知りたい人はこの作品で


以上、管理人マイクおすすめの歴史本の紹介でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

★管理人マイクおすすめ、完結漫画のレビューはこちら


この記事へのコメント